真性包茎の手術が受けたい!病院やクリニックなどの疑問解決

男性の悩みである包茎にもいろいろな種類があります。仮性包茎の場合は比較的軽症ということもあり、治療を必要としない人も少なくありません。真性包茎の場合はデメリットも少なくありませんので、本格的な改善策も考えていきたいところです。

治療は手術という方法で行われますが、体の中でも特に敏感な部分ということもあり、不安を感じている人もあるのではないでしょうか。ここからは、真性包茎であることにはどんなデメリットがあるのか、どのように治療を進めていくのかを考えていきます。包茎手術を検討している人は参考にしてください。

真性包茎であることのデメリットを知る

包茎にもいろいろな種類があり、日本人男性の多くは仮性包茎といわれています。包茎ではあるものの、亀頭を簡単に露出させることができますので、特に問題なく過ごしている人も少なくありません。軽症であれば、特に治療を必要としない人もありますが、真性包茎となると平常時でも、勃起時でも亀頭を露出させることはできなくなっています。

それゆえ、勃起時に痛みが発生することもありますし、性行為がスムーズにできない人もいます。本人のプライドが傷つくだけではなく、パートナーである女性も不満を感じることにもつながります。さらに、恥垢がたまりやすくなるので、不潔になりやすく性感染症のリスクが高まるのもデメリットです。普段は人から見える部分ではありませんが、サウナや温泉に行く際には目立つのでコンプレックスに感じる人もいます。

包皮に常に包まれている状態ですので、亀頭の成長が妨げられるのもデメリットといえるでしょう。見た目のことだけではなく、様々な問題がありますが、こうした症状も治療を受けることで解消できます。包茎は特別なものではありませんので、ひとりで悩まずに、まずは医療機関に相談することも考えていきましょう。

まずはカウンセリングを利用しよう

真性包茎は手術で治すことができます。手術というと、入院の必要があるのかと考える人もあるかもしれませんが、包茎手術は基本的に日帰りとなっています。治療を受けられる医療機関は泌尿器科や男性専門クリニック、さらに美容整形外科などがあげられます。まずは、安心して治療を受けられるクリニックを見つけていきましょう。

治療内容や費用は公式サイトなどで確認できますので、じっくり比較して選びたいところです。医療機関に訪れてもすぐに治療が行われるわけではありません。まずは、カウンセリングを利用して、最適な治療方法を見つけていくことになります。多くの医療機関では、カウンセリングは無料となっていますので、まずは気軽に相談してみましょう。

女性スタッフには抵抗があるという人もありますが、男性専門クリニックの場合は、医師や看護師などスタッフが全員男性というところも少なくありません。真性包茎であるのか、そうでないのかも医師がしっかりと確認していくことになります。治療内容や費用の説明もありますので、納得できればそのまま手術の予約へと進んでいきます。治療内容や費用で納得できない場合は、すぐに契約せずに、別のクリニックでもカウンセリングを受けてみましょう。

最適な治療方法を選ぼう

真性包茎と診断された場合は、保険適用の治療を選ぶことができます。自由診療の場合は、数十万円程度の出費になることもありますが、保険適用できれば数万円程度と安い金額で治療が受けられます。できるだけ費用を抑えたいのであれば、保険適用の手術を選ぶことになります。このときに気をつけたいのは、仕上がりの良さです。

保険の手術はあくまで包茎の改善を目指すものですので、治療をしたことが他人にわかる見た目になる可能性もあります。見た目を気にしないのであれば、特に問題はありません。できれば、他人に治療を受けたことを知られたくない場合は、美容外科などで提供されているより高品質な治療を選ぶこともできます。治療費は高くなりますが、傷が目立たない、自然な仕上がりを得られるのは大きなメリットです。

治療方法もクリニックごとに違いがありますので、それぞれの特徴を理解して、自分に合う方法を選びましょう。包茎治療後の抜糸についても、抜糸を行う手術もあれば、抜糸が必要のない治療方法もあります。治療を成功させためには、アフターケアの良さも大切ですので、万全のフォロー体制が整っている医療機関を選んでおくと安心です。

おススメHP
真性包茎で困っている方はメンズサポートクリニックへ
あなたの悩みに寄り添ったご提案を行っております

【メンズサポートクリニック】
TEL:0120-76-6800

まとめ

真性包茎は包茎の中でも重度の症状で、見た目のことだけではなく、機能の面でもデメリットが多いといえます。とはいえ、こうした症状も適切な治療で改善できます。治療を受ける前にはカウンセリングを受けることになりますので、医師と相談しながらどのような治療にするのかを決めていきましょう。

治療費を安く抑えるなら保険適用の治療を選ぶこともできますが、仕上がりの良さを選ぶなら自由診療を選ぶこともできます。治療後はアフターケアも大切ですので、治療の技術力の高さはもちろん、アフターケアも万全なクリニックを選んでおきましょう。